副作用が少ない漢方薬です

女性

正しい服用方法を知りたい

抑肝散は漢方の生薬ですが、神経に作用をする働きがあるため、精神的にイライラしたり、怒りっぽいと感じたり、不眠や歯ぎしりなどで悩んでいる人にお勧めです。精神安定剤に比べると作用が緩やかですが、安全性に優れており、副作用が少ないのが特徴です。抑肝散は体のデリケートなお子様や高齢者も服用できるなどのメリットがあります。抑肝散の服用方法を知っておきたい人が多いですが、基本的には食前や食間などに服用をします。胃腸の弱い人は食間や食後に服用をしても問題はありません。顆粒タイプの形状になっている商品は、一日に2、3回に分けて、一回に一包を服用するのがお勧めです。お子様や高齢者の場合は決められた分量をきちんと守ることが大事です。お子様の夜泣きや夜驚症、疳の虫などで悩んでいる人は、一日に適量を服用させると良いでしょう。妊娠中や授乳中の女性は、普段よりも体がデリケートになっているため、念のために服用はしないほうが良いです。抑肝散は複数の生薬をブレンドして作られた医薬品です。抑肝散は比較的安全性の高い医薬品ですが、決められた分量をきちんと守ることが大事です。年齢を重ねると他の薬を飲んでいる人が多いですが、薬との相性が悪い場合もあるため、医師の許可を得てから服用することが大事です。漢方薬は安全性に優れていますが、他の生薬と一緒に飲まないほうが良いでしょう。漢方外来のクリニックでは、抑肝散を取り扱っているため、心身の不調を感じている人に処方をしてくれます。医師や薬剤師が服用の方法を指導してくれるため、しばらく続けてみると良いでしょう。気になる副作用が見られる場合は、早めに医師に相談して下さい。40代、50代ぐらいの年齢になると、ホルモンバランスが崩れて、様々な体の不調が見られるようになります。更年期特有の心身の不調で悩んでいる人にお勧めです。仕事や家事、育児などで忙しい人は、過度なストレスを溜めないことも大事です。抑肝散は即効性はありませんが、毎日服用をすることで体の調子を整える効果があります。胃腸の弱い人は長期的な服用は避けて下さい。

カウンセリング

落ち着いた毎日を過ごす

抑肝散は子どもから高齢者まで安心して服用できる漢方薬で、夜泣きやイライラ、更年期障害と広く効き目があります。また継続して服用することで効果が現れる薬だと理解し、万が一時間が多少ずれても服用を続けます。

詳しく見る

悩む男性

認知症の症状を改善

抑肝散は神経のたかぶりを抑え、精神を安定させる作用があり、普段からちょっとしたことで怒ってしまったり、イライラする方に向いている漢方薬です。精神科で処方されることが多く、神経症や不眠症、認知症などの治療に用いられています。

詳しく見る

薬

気分を落ち着かせる漢方

抑肝散はイライラや怒りを鎮め、気分を落ち着かせる作用のある漢方薬です。古くから子供の疳の虫を鎮める漢方として使用されていましたが、最近では認知症の症状緩和や不眠症の改善など、神経症状をコントロールする効果を活用する使用法が増えています。

詳しく見る

悩む女性

病院や薬局で処方されます

抑肝散はイライラや緊張、不安などの精神症状や、更年期障害、生理不順などの体の不調を緩和する働きがあります。7種類の生薬が含まれており、安全性に優れているのが特徴です。顆粒タイプの商品は飲みやすいので、高齢者にもお勧めです。

詳しく見る

看護師

イライラに対処する漢方薬

抑肝散は薬局で普通に購入することができますが、処方してもらうと安くて効果的な薬をもらえるのでお勧めです。心のイライラを抑えるためには化学物質を使った薬が効果的ですが、体への負荷が少ないことで抑肝散は人気があります。

詳しく見る