病院や薬局で処方されます

悩む女性

精神症状を改善する働き

漢方の生薬は即効性はありませんが、毎日服用をすることで体質改善をして、心身の不調を緩和する働きがあります。現代はストレス社会になっているため、神経が昂り、イライラや不安、緊張などを感じている人が多いですし、虚弱体質や月経前症候群、更年期障害などで悩んでいる人も少なくありません。抑肝散は漢方薬のひとつですが、神経に働き掛ける効果があり、毎日服用をすることでイライラ、不安、緊張、神経症、不眠などの症状を改善したり、お子様の夜泣きや疳の虫、歯ぎしりなどを抑えたりする効果があります。抑肝散は7種類の生薬が含まれており、精神安定剤や抗精神病薬などに比べると、安全性に優れており、副作用が少ないのが特徴です。漢方外来の病院やクリニックでは、診察やカウンセリングをした後に、必要がある場合は漢方薬を処方してくれます。比較的安全性の高い漢方薬ですが、医師や薬剤師が処方した分量をきちんと守って服用することが大事です。顆粒タイプの形状になっている商品は、一回に一包を2、3回服用します。神経症やイライラ、怒りっぽいなどの精神症状が見られるけれど、精神神経科の病院やクリニックを受診するほどは、悪くはないと感じている人が多いです。家事や仕事などに支障がない場合は、漢方外来のクリニックで抑肝散を処方してもらえます。中国などでは基本的には、お子様のための漢方薬ですが、成人や高齢者も服用が出来るため、更年期障害や生理不順などの体の不調で悩んでいる人は、体質改善をするために抑肝散を服用しています。お子様に飲ませる場合は、体重や年齢によっても服用する量が違ってくるため、医師に指導を受けることが大事です。抑肝散は漢方外来のクリニックや病院、漢方の生薬を取り扱っている薬局などで購入できます。口コミで評価の高い病院やクリニック、薬局などでは平均的な相場の金額になっているため、安心して通院ができます。抑肝散は神経に働き掛けて、精神症状を改善したり、更年期特有の体の不調を緩和する効果もあります。抑肝散は食間や食前に服用をします。気になる副作用が見られる場合は、医師や薬剤師に相談して下さい。